医師の転職におけるベストな求人の探し方

2017年02月22日 16:46

転職をする際に必ず必要となるのが、求人情報です。
情報をどう集めていくのか、その方法が重要となってきます。

知人の紹介やヘッドハンティングで転職する

求人情報の探し方としてまず考えられるのが、コネクションの利用やヘッドハンティングです。
この両者は似て非なるものではありますが、友人や知人、上司などの紹介によって転職先を変えるという点では共通しています。

医師の場合、その腕の良さを聞きつけた病院がヘッドハンティングしてくることも考えられるでしょう。
このケースであれば待遇面でも優遇され、転職後の地位も約束されるかもしれません。
医療従事者にとっては非常にメリットの大きな転職方法となるはずです。

自らコネクションを作り出し、新たな職場を見つける方法も考えられるとは思いますが、それができる人はさほど多くはないでしょう。
やはりこれは多くの医師に当てはまる転職先の探し方ではなく、ごくごく一部の限られた人にしか当てはまらない転職方法となってしまいます。

求人情報媒体や各種サービスを利用して転職する

求人情報媒体や各種サービスの利用、これが現実的な方法となるのではないでしょうか。
こうした媒体にも幾つかの種類があります。
雑誌などの紙媒体で病院が応募者を募っていることもあるでしょう。
しかし、やはりインターネット媒体、これに匹敵するほど有意義なものはありません。

ただ、このインターネット媒体にも種類やタイプが幾つかあるので、それも頭に入れながらベストな探し方を見つけていく必要があります。

ひとつは、自らが検索し情報を集めるタイプのサービス。
もうひとつは、コンサルタントに相談しながら情報を集められるサービスです。
前者はさらに、医師の求人のみを取り扱うサイトと、多種多様な職種を取り扱うサイトとに分類されます。
看護師や薬剤師などの医療従事者の求人情報をまとめて取り扱うサイトも存在。

後者は職種が絞られていることが多いため、種類としてはさほど多くはありませんが、サイトによってサービス内容や地域による情報の差があるため、関西圏の情報を集めたいと考えているのであれば、その地域に強いサイトを選択する必要が出てくるでしょう。

おすすめというより、選択肢はコンサルタントに相談しながら情報を集められるサービスの利用一択と言っても過言ではありません。
それほどこのタイプのサイトの利用は転職希望者にとって有意義ですし、それによって転職による失敗の回避にもつながります。

紹介したように、医師の新たな勤め先となる病院の探し方には幾つか考えられますが、多くの人にとってメリットがあるのは間違いなくエージェントタイプ。
迷ったらこれを選択しておけばベストな転職を行うことができるはずです。

画像出典元:https://www.dr-10.com/