医師が転職を成功させるための重要なポイント

2017年03月20日 16:53

転職の成功、失敗の判断は本人次第

転職には確かに成功と失敗がありますが、その線引きは容易ではありません。
成否を分ける、あるいは判断するのは完全に主観であり、職場を自らの意思によって変更したその本人にしか決められないことなのです。

ただ、転職を成功に導くために押さえておくべきポイントは確かに存在しています。
重要なことは、自分を知ることと、相手を知ることです。
相手とは、医師の場合、応募先の病院などの医療施設のこと。

自分のことをよく知っていたとしても、応募先の病院のことを知らなければミスマッチが生じます。
逆も然りです。両者のことを熟知していなければ、「勤務先を変えて良かった」という結果を導くことはできないでしょう。

自分や応募先のことを熟知には

では、どのように自分や応募先のことを熟知するのか。
自分1人でその作業を行おうとすれば、おそらくそこにはズレが生じてくるはず。
自身の過大評価や逆に過小評価の可能性もありますし、医療施設の内情を把握するのも当然困難なわけですから、両者にズレが生じるのは当然のこと。

このズレを最小限に抑えるために頼るべき存在が、医師専門の転職サイトやエージェントです。
特に、コンサルタントの助けを借りることが可能なエージェントタイプのサイトは、これ以上ない力強い味方となってくれるでしょう。

医師が転職を成功させるためには、コンサルタントの意見をしっかりと聞き、それを受け入れることも重要であり大きなポイントとなります。
医師が求人を探す際、そのプライドの高さからどうしても自分を主張し、希望や要望が通らなそうにないと思ったらその病院を排除してしまうことがあります。
それでは、ベストな医療施設を見つけることはできないでしょう。

そうではなく、第三者の意見にも耳を傾ける意識を持つことによって視野を広げ、身の丈に合った医療施設と出会うことを優先すべき。
このような考え方で活動していけば、確実にキャリアアップを図ることができるはずです。

画像出典元:https://www.dr-10.com/

冷静で慎重な選択ができるようサイトなどの媒体選びも重要

関西圏は、病院の数も豊富であり、レベルや質、環境もそれぞれ大きく異なります。
それだけに慎重な病院探しと選択を行わなければいけません。
この慎重さを持つことも非常に重要な意識となるでしょう。

多くの情報が飛び込んでくるはずですが、少しでも迷ったらコンサルタントに相談をし、冷静で慎重な選択ができるよう心がけてください。
サイトなどの媒体選びも重要ではあるものの、この意識を持つことこそが、正しい選択をするための最重要ポイントであると認識しておくべきです。
特に情報量の多い関西圏で新しい勤め先となる病院を探す際には欠かせないこととなるでしょう。